利便性と印象

ウォール

リフォーム、と簡単に言っても、オフィスデザインやインテリアをどうするのかというのは目下の課題になると言えます。
これらを決めて行くにあたって大切なのは、自分たちにとって利便性が高くなるかどうか、そして外部の方から見た時の印象とそぐうかどうかです。
例えば、オフィスと言ってもそのデザインは本当に様々です。使い勝手の良さだけを追求したというところもあれば、一方でスタイリッシュさをとりこんだというところもあるわけです。
どちらにせよ、まず第一に自分たちが仕事をしやすいか、無駄なく効率よく動くことが出来るのか、という頃がポイントになってきます。
そしてその次に、来客があった際、目にすることのできる範囲で会社のイメージをインテリアなどから存分に汲み取ってもらえるのかというところも重要になります。会社の評判や実績を知っていると、オフィスに足を運ぶ前から人はどんな感じなのかとイメージしてしまうものです。その上実際に目にしてみて、そのイメージが着たいとは違っていると、やはりプラスの評価にはなりにくいものです。

ですから、オフィスデザインやインテリアというのは、使い勝手を追求しつつ、来客のイメージをいつだって裏切らない、そんなどんと構えた形にするのがベストだと言えます。
とは言え、それを一から自分たちで考え、提案し、業者にリフォーム依頼するというのは難しいものがあります。
オフィスデザインを手掛けている業者であれば、どんな内装にするのかやインテリアについてまでみっちりと相談することができますから、まずは気軽にいくつかの業者に相談してみて、しっくりくるところや、イメージの共有がしやすいところを選んで、プロのアドバイスを受けながら確実な計画を立てて行くことをおすすめします。

物件選びの段階で

ミニオフィス

オフィスデザインやインテリアを考えて行くのは、プロと相談しながら考えて行くことになるわけですが、そこでネックになるのが出来ることと出来ないことの差です。
こんな風にリフォームをしたい、と思っても、現実的に今使っている物件ではそれが叶わない、ということは往々にしてあるものです。

ですから、既に今あるオフィスをどうこうしよう、という段階の場合はどうしようもありませんが、これから新しくオフィスを立ち上げて、その際に最初からリフォームして自分たちにぴったりの環境を作り上げておきたいという場合や、リフォームに伴いオフィスごと別の物件へ引っ越しをしようと考えている場合は、自由度の高い、やりたいことが出来る物件を狙って選んでおきましょう。
どんな設備があるのかや、間仕切りの有無などで、考えているオフィスデザインが実現可能かどうかが変わってきます。
既に借りてしまっていてどうにもならない場合はどうしようもありませんが、今から物件を選ぶという段階であれば、よく考えて選ぶことで出来ることの幅がぐんと広がります。
どんな物件ならやりたいオフィスデザインが実現可能なのかを探していくのは中々難しいところがありますが、そんな時のためにあるのがプロの業者さんとも言えます。デザインやインテリアの相談からリフォームだけではなく、物件探しなども対応してもらうことが出来ますから、これから選ぶ、という段階であればそれも合わせて頼って候補をピックアップしてもらいましょう。

オススメリンク

心機一転でやる気もアップ!オーダーカーテンはココで決まり!|パーフェクトスペース

事務所レイアウトの変更をするなら:オフィス企画

オフィスデザインなら、物件探し・オフィス施工からOA機器の引越しといったオフィスの移転、リノベーションに関わるすべての業務を行ってくれますよ!

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930